医療法人謙信会あおぞら歯科クリニック

住所と電話番号
予防歯科 あおぞら歯科の予防歯科
アイコン

虫歯・歯周病が予防できる時代の到来です。目指せ8020!

8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です!

虫歯、歯周病を予防し一生自分の歯で食べられる時代になってきました。高齢になっても自分の歯で食事を楽しめるようにしっかり予防されることをお薦め致します。

「高齢になっても自分の歯で食事を楽しむ」ためには、メインテナンスが歯の延命の決め手になります。

悪くなってから歯医者に行く度に、歯はだんだんなくなり、50代〜半数の人が入れ歯を使用し、老後は入れ歯で暮らす方が多いのが日本の現状です。

しかし、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。

それは、スウェーデンのみなさんは常に予防歯科を受けて歯を大切にしており、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れを除去したり、歯や歯ぐきの健康チェックと予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。

ちなみに、自費治療で治療費が高いアメリカでも、歯が悪くならなくても年に2〜3回程度、歯医者にメインテナンスに行くのが常識のようです。

また、基本的に欧米には日本のような健康保険がなく治療費用が高くなるので、お金の節約の面から常に予防歯科を受けているという面も後押しをしているかもしれません。 (※欧米で歯科治療を受けると、治療費は日本の10倍以上が相場です。)

参考画像

一方、右上のグラフをご覧いただくとお分かりになるように、日本人のメインテナンス率はわずか2%です。

しかしながら、私たち日本人も歯のメインテナンスを定期的に受けることによって、諸外国のように、生涯自分の歯で生活することは可能です。
歯科医院を「病院」としてではなく「美容院」と思って、歯の治療のためだけでなく、「歯と歯ぐきの健康を維持し、綺麗になるところ」だと思って定期的に通って頂くことによって、歯を延命させることができるようになります。

あおぞら歯科では8020運動を推進しております。
生涯自分の歯で過ごす為にも、しっかりとした予防歯科を受けられることをお勧めいたしております。

月曜から土曜朝9時〜夜9時 webご予約はこちらから 初めての方はこちらから 再診の方はこちらから LINEアプリからご予約