小児歯科
小児歯科イメージ

お子さま向けに、口内チェック、虫歯予防、虫歯治療、歯みがき指導などをおこないます。緊急性のある場合以外は、本人が自らの意思で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育てていきます。嫌がる場合は最初から削らずに、練習から始めるようにしております。

治療に連れてこられるお母さん、お父さんは非常に根気が要りますが、お子さまの成長は驚くほどで、それがご両親や我々の大きな喜びにもなります。始めは大泣きしてしまっても諦めないでください。歯科医師、スタッフの顔に慣れてくれば診察・治療ができるようになることがほとんどです。

無理せず、少しずつでも進めていきましょう。

フッ素
フッ素塗布イメージ

むし歯菌は、糖分を得て酸を作り出します。
その酸で、歯からカルシウムなどが溶けだしてしまいます。「脱灰(だっかい)」といいます。
しかし、溶けでたカルシウムなどは、唾液の作用で再び歯に取り込まれていきます。これを「再石灰化(さいせっかいか)」といいます。
この脱灰と再石灰化のバランスが、脱灰に傾いてしまうとむし歯が進行してしまうのです。

フッ素(フッ化物)は、歯をコーティングすることで、脱灰を抑制し再石灰化を促します。

©Nakamozu aozora dental clinic